• 妊娠、出産を考えている女性の皆さんへ
  • 対談集わが師・野口晴哉
  • 推薦図書
  • 環境と体
  • アルバム
  • いのちの塾
  • 奈央さんのブログ
  • SCHOOL OF LIFE

推薦図書


国の理想と憲法

国の理想と憲法
「国際環境平和国家」への道

現代を生きる私たちは、地球規模の環境破壊、貧困と飢餓、そして戦争や紛争の危機に直面しています。本書は、憲法の平和理念を活かして、世界の平和実現・環境保全・福祉増進を目指し、新たに「国際環境平和」を国の理想として掲げることを提唱します。
国家的エゴイズムを超えて、世界が互いを認め合い共生すること。そのための行動は私達ひとりひとりに託されています。
「平和の実現については、人びとの純正な心情に負うところが大きい問題だと思います。しかし、『戦争反対』『平和憲法を守れ』という声を上げることは大変重要なことですが、世界の平和という広い視野を見渡して考えたとき、果たしてそれだけで実現できることなのでしょうか。  戦争を防ぐには、争う必要のない状態を作ることがもっとも重要です。戦争は、国と国、民族と民族がお互いに相手を認め、相手の気持ちや立場を理解し合うことによってのみ防ぐことができます。そのために、もっとも確実な方法は、相手が敬愛する気持ちを抱くような自分たちになることでしょう。それに加えて、こちらが相手にとって『なくてはならない』大切な存在になることも絶対に必要です。そのような行動こそ、平和を創造する力の源となるのです。」(本書より一部抜粋)

【著者プロフィール】
野村昇平(のむらしょうへい)
1944年生まれ、熊本県出身。1971年、東京大学大学院農学系研究科博士課程修了。4年間の教員生活の後、群馬県赤城山麓に居を構え、自然農を営みながら、 「人間のための教育」を主眼とする青少年のための私塾「全生塾」、ならびに 「自覚と平和の研究会」を主宰。

七つ森書館 2009/7/7(増補版) (初版2007/4/27)
価格 2,300円(本体価格)

この本を購入する

BEYOND NATIONAL EGOISM

BEYOND NATIONAL EGOISM
(英語) ペーパーバック



まみず出版発行 七つ森書館発売 2007/4/27
価格 2,500円(本体価格)

この本を購入する

ページのトップへ戻る